そのままでいい?

未分類

代理店を介して生命保険に加入した場合は、熱心な営業マンなら、更新時期になれば、新しい特約や保険などを案内もしてくれることもあるかもしれませんが、保険会社の営業マンが、もう既に退職してしまったというケースも結構珍しくなく、そのままも放置という場合もあります。そのような場合、契約者自らが、しっかりアクションを起こす必要があります。そのとき、しなければならないアクションが保険見直しなのです。

しかし、よっぽど保険に関心を持っている人たちでない限り、そのような行為を面倒くさいと思ってしまうでしょう。消極的モチベーションは、やっぱり保険はそのままでいいと思わせてしまうのです。保険には入ってない訳でなく、入っている訳ですし、何かあれば保険が間違いなく守ってくれるのも事実です。

保険会社は、常に新しい商品を提供し続けているということにも注目するようにしましょう。以前、あなたがベストな保険に加入しているとしても、現在、もっとあなたにベストな保険が誕生しているのかもしれません。完璧は、時間がたてば完璧でなくなってしまう可能性がいくらでも存在しているのです。保険料も安く、高い保障が最初からついているという可能性だっていくらでもあります。

保険見直しとは

未分類

最近では、とても保険見直しというキーワードが取り上げられる機会が多くなりました。 なぜ、今、そのようなキーワードが取り沙汰されているのか、追求してみましょうよ。

家族のことを考えると、生命保険に入るってとても大事なことです。ほとんどの人たちが入ることを意識しているはずです。しかし、実際には、現在加入している保険内容が適正かどうかということがはっきりと分かっていないのです。はじめて保険に加入しましたという人たちは、ただ保険に入ることで満足しているケースもあり、ただ保険のオバサンのいいなりになって、加入したという人たちもいます。

取り敢えず、保険に入りさえすれば、安心が守られる思いってとても強かったのです。しかし、ある時期が来れば、もう少し、保険に直接的向きあう機会も増え実際に自分の入っている保険は、どのようなものかということをチェックする機会も時々起こるのかもしれません。保険は、遠い未来を守ってくれるものという思いであったのに、段々とその未来も身近なものになりつつあるのです。

将来のライフプランを確実なものにするために、やっぱり見直しするということは大事なことであり、それでも、ちょっと以前の時代、ただ入った保険に縋り付くしか方法はなかったという時もあったようです。

それは、保険会社も、私達も反省しなければならない問題です。取り敢えず入った保険を、私達のもっと身近な具体的なものにするため、このようなキーワードが誕生しました。